トーソーの安全品質 細やかな配慮で、安心の施工をお約束します。

トーソーの安全品質

施工技術を磨くとともに、工事中の安全や、環境への配慮などを含めた
コンプライアンスの遵守意識やマナーの向上にも努めています。
最大限の安全を確保することで、お客さまにも安心いただけるよう日々取り組んでいます。

安全対策

危険予知活動(KYK)

事故なく安全に現場を運営するために、作業前に行うチェック。具体的には、保護具の徹底、作業内容の確認、養生チェック、作業員の体調などをチェックし、安全に努めます。

安全大会

衛生管理や品質管理、法律、工法などを全社員、全業者を交え専門家による講習会やディスカッションを行い、安全への意識向上に努めます。

巡回パトロール

KYKを行っているか、ルールを守っているか、現場は安全か、マナーは良いかなど、多岐に渡りチェックを行い管理していきます。

施工時の配慮

近隣への配慮

工事に入る前に、近隣へのご挨拶は欠かせません。工事の内容や必要性をご理解いただけるよう、担当者が直接お伺いします。

ご入居者さまへの配慮

工事中は何かとご入居者へのご負担が増えます。少しでも負担を減らすために、工程毎の告知や洗濯・布団干しの情報をあらかじめホワイトボードやチラシでお知らせし、負担軽減に努めます。

来訪者・車などへの配慮

生活スペースにおける配慮は上記だけではありません。来訪者や車の養生など、できるだけご負担にならないように、また、少しでも通常の生活に近付けるよう努力します。

社員教育

日進月歩で変化する新しい技術と先人達が築いた知識や工法を融合することで私たちの技術力は日々進歩を遂げています。また先に述べた安全・安心への取り組みに関しても、メーカーや専門家による教育を実施し、良いご提案につなげ、安心して工事をお任せいただけるよう努力し続けます。